class="so-widget-sow-editor so-widget-sow-editor-base"

>


 



2021年6月1日以降、飲食事業者はHACCPに沿った衛生管理を行うことが制度化されました。
しかし、多くの事業者さまはどうしたら良いか分からず、困っているのが現状です。
保健所による立ち入り調査があっても、問題のない厨房とバックヤードの状態を作る為のお手伝いをするのが改善整理サポートです。

 

 


 



HACCPの制度化で、飲食店は必ず次の項目をクリアしなくてはいけないことになりました。
あなたの店は大丈夫かどうか、チェックしてみましょう。
tokuou_icn
tokuou_icn


 



これらの項目を全て自分たちだけでクリアするのは大変です。
専門家のサポートがあれば、確実かつ効率的に解消することが出来ます。
tokuou_icn
tokuou_icn

無料ご相談

このようなことで、誰かに聞いてみたいと思ったことはありませんか?
今なら、無料でご相談いただけます。
①HACCP がそもそもわからなくて不安。
②自店舗では何をすればよいの?
③店舗の整理整頓について聞いてみたい
④衛生管理マニュアルをまだ作成していないけどいるの?
⑤小さなお店だから HACCP は関係ない?と思っている方

まずは、どんなことができるか、あなたのお店には何が必要かなど、お気軽にご相談ください。
・ご相談はzoomにて行います。

無料   1店舗 1回限り30分間


 

訪問コンサルティングプラン

飲食店様がご自分で改善に取り組まれるためのプラン

●予算がない、社員と共に HACCP 対応したい方におススメ
こんなご経験ありませんか?闇雲の片付けても結局リバウンド。
TV の片付け番組のように、全部出してみたものの、結局収まらずそのあたりに置きっぱなし。 そうなるのには理由があります。
実は、片付ける前に必要改善計画をしっかり立てる必要があるのです。 訪問コンサルティングプランでは、HACCP 考え方を取り入れた衛生管理に従った計画を立て、 改善整理を行うことができるようサポートいたします。


・店舗現地調査/問題点抽出/改善点のご提案
・HACCP導入支援(やることの明確化)
・改善整理作業なし
・所要時間:2時間
・別途交通費が発生します

基本22,000円

 


 

5S作業プラン

実際に店舗改善の作業をおこないます

●忙しい方、収納が苦手な方におススメ
改善には、最低回数として3〜5回の訪問作業が必要です。 作業に入る前に、コンサルティングプランを作成し、改善作業に入る方がよりスムーズに作業ができます。


・所要時間:3時間/1回
基本2名作業
・別途交通費が発生します
・必要回数は、店舗の広さ・モノの多さにより変わります。
・下記の例は不必要なモノが少ない店舗で、HACCP 対応の整理整頓の作業をした場合です。
 
作業2名×3時間の場合
 
1回目 コンサルティングプラン作成前訪問 22,000円
2回目 モノの要不要分類 44,000円
3回目 仮の定位置収納作業 44,000円
4回目 購入した収納用品に収める 44,000円
合計 154,000円
 
 
※このようなお願いをする場合もあります。
・モノが多い / 出しっぱなし / 分類が出来ていない場合 → 従業員にお手伝いいただく
・什器のレイアウト変更が必要 → 棚の購入や、収納用品の購入
 
 


 

厚生労働省の「HACCPの考え方を取り入れた
衛生管理のための手引書」を作成するプラン

「厚生労働省の手引書の様式に沿った書類」を作成します

HACCPの制度化によって厚生労働省の手引書の様式に沿った書類の作成が義務になりました。
「資料作成をする時間がない!」「資料作成が良くわからない」 「何をかいていいのかわからない」そんな飲食店様のために書類作成のサポートを行います。


この書類を作るには、まずお店の環境がHACCPで定められたチェック項目などをクリアしている必要があります。
HACCP衛生管理書類作成サポートでは、まず最初に「5S作業プラン」でお店の環境を改善し、その後、必要な書類を作成します。
作成した書類はそのままお店の業務マニュアルとして使用できるものですので、仕組み化された改善後の衛生管理や効率的な作業手順を無理なくいつまでも保つことができ、ムダの削減、作業効率のアップ、サービスのばらつきの改善なども見込めます。

※重要管理ポイントについては書き方のご案内はいたしますが、重要管理ポイントの作成は行いません。

※このサービスは原則として、店舗・厨房の衛生的改善作業後のお客様にご提供しています。
資料だけを作成しても、実行可能な衛生管理はできないため、資料作成のみのご依頼はいたしかねます。

作業2名×4時間の場合
 
一般的衛生管理作成  3回 35,000円
1回目 書類作成のヒアリング、一般的衛生管理作成
2回目 1回目の書類が現場と合うか確認、修正
3回目 2回目の修正後、完成
 
 


 

飲食店向けHACCP改善整理講座

飲食事業者・従業員向けのHACCPと、整理収納教育講座(対面・オンライン講座)


■このような方におススメ
☑何から始めればよいのかよくわからない方
☑HACCPのことが分からない飲食店の方
☑衛生管理に不安のある方
☑整理整頓の方法が知りたい方
☑従業員研修、従業員教育を考えているオーナーさま

■このような効果があります
・HACCPの衛生管理の必要性を理解できます
・従業員様がやらされ感なく、取り組むきっかけになります
・店舗の改善作業がスムーズに行えるようになります

■講座概要
・当協会オリジナルの HACCPの考え方に沿った片付け方講座手引書にて90分間従業員様向けに講座を致します。



・参加費定価5,000円(税込)
テキスト、受講認定証、個人修了証、送料を含む
※➡団体向け割引プランをご利用いただけます
・1~5名 15,000円(税込)
・6~15名 50,000円(税込)
・16~30名 70,000円(税込)

■カリキュラム
・HACCP( ハサップ ) とは
・制度化される背景
・一般衛生管理の重要ポイント
・5S改善
・あなたの店舗の改善チェック
・清潔な店舗とお客様目線
◎講座後、認定証を発行いたします。店舗のレジ横やカウンターなどに置いていた
だき、衛生管理の意識の高いお店として対外的にアピールしていただけます。
 

 

 

HACCPワンポイトアドバイス

●「HACCP って何?」「具体的には何をすればいいの?」
HACCP って何なのだろう、そんな疑問をお持ちの方向けに、厚生労働省の「HACCP の考え方を取り入れた衛生管理」の指針に沿った
飲食店の「整理収納方法」をお伝えいたします。
 

●HACCP の考え方を取り入れた衛生管理とは
食中毒予防の三原則(つけない・増やさない・やっつける)を基本にした、 【計画を立てる】→【実施】→【記録】という一連の作業が、「HACCP の考え方を取り入れた衛生管理」です。 そのために、今取り組んでいる衛生管理とメニューに応じた注意点をあらかじめ明確にする必要があります。
講座では、「衛生管理」のガイドラインをご説明し、店舗ではどのような改善をしなければいけないのか、具体的な取組みを写真を交 えて分かりやすくお伝えしますので、何が間違えているのか、どのように改善すれば良いのかが理解できるようになります。
食中毒等のリスクを軽減し、安心安全な店舗としてお客様や取引先からの信頼を獲得しましょう。
 


 



 

 


class="so-widget-sow-editor so-widget-sow-editor-base"

>




2021年6月1日以降、飲食事業者はHACCPに沿った衛生管理を行うことが制度化されました。
しかし、多くの事業者さまはどうしたら良いか分からず、困っているのが現状です。
保健所による立ち入り調査があっても、問題のない厨房とバックヤードの状態を作る為のお手伝いをするのが改善整理サポートです。

HACCPの制度化で、飲食店は必ず次の項目をクリアしなくてはいけないことになりました。
あなたの店は大丈夫かどうか、チェックしてみましょう。
tokuou_icn
tokuou_icn


これらの項目を全て自分たちだけでクリアするのは大変です。
専門家のサポートがあれば、確実かつ効率的に解消することが出来ます。
tokuou_icn
tokuou_icn

無料ご相談

このようなことで、誰かに聞いてみたいと思ったことはありませんか?
今なら、無料でご相談いただけます。
①HACCP がそもそもわからなくて不安。
②自店舗では何をすればよいの?
③店舗の整理整頓について聞いてみたい
④衛生管理マニュアルをまだ作成していないけどいるの?
⑤小さなお店だから HACCP は関係ない?と思っている方

まずは、どんなことができるか、あなたのお店には何が必要かなど、お気軽にご相談ください。
・ご相談はzoomにて行います。

 

無料1店舗 1回限り30分間


 

訪問コンサルティングプラン

飲食店様がご自分で改善に取り組まれるためのプラン

●予算がない、社員と共に HACCP 対応したい方におススメ
こんなご経験ありませんか?闇雲の片付けても結局リバウンド。
TV の片付け番組のように、全部出してみたものの、結局収まらずそのあたりに置きっぱなし。 そうなるのには理由があります。
実は、片付ける前に必要改善計画をしっかり立てる必要があるのです。 訪問コンサルティングプランでは、HACCP 考え方を取り入れた衛生管理に従った計画を立て、 改善整理を行うことができるようサポートいたします。


・店舗現地調査/問題点抽出/改善点のご提案
・HACCP導入支援(やることの明確化)
・改善整理作業なし
・所要時間:2時間
・別途交通費が発生します

基本22,000円

 


 

5S作業プラン

実際に店舗改善の作業をおこないます

●忙しい方、収納が苦手な方におススメ
改善には、最低回数として3〜5回の訪問作業が必要です。 作業に入る前に、コンサルティングプランを作成し、改善作業に入る方がよりスムーズに作業ができます。




・所要時間:3時間/1回
基本2名作業
・別途交通費が発生します
・必要回数は、店舗の広さ・モノの多さにより変わります。
・下記の例は不必要なモノが少ない店舗で、HACCP 対応の整理整頓の作業をした場合です。

作業2名×4時間の場合
1回目 コンサルティングプラン作成前訪問 22,000円
2回目 モノの要不要分類 44,000円
3回目 仮の定位置収納作業 44,000円
4回目 購入した収納用品に収める 44,000円
合計 154,000円
 
※このようなお願いをする場合もあります。
・モノが多い / 出しっぱなし / 分類が出来ていない場合
・什器のレイアウト変更が必要
→従業員にお手伝いいただく
→棚の購入や、収納用品の購入
 


 

厚生労働省の「HACCPの考え方を取り入れた衛生管理のための手引書」を作成するプラン

「厚生労働省の手引書の様式に沿った書類」を作成します

HACCPの制度化によって厚生労働省の手引書の様式に沿った書類の作成が義務になりました。
「資料作成をする時間がない!」「資料作成が良くわからない」 「何をかいていいのかわからない」そんな飲食店様のために書類作成のサポートを行います。


この書類を作るには、まずお店の環境がHACCPで定められたチェック項目などをクリアしている必要があります。
HACCP衛生管理書類作成サポートでは、まず最初に「5S作業プラン」でお店の環境を改善し、その後、必要な書類を作成します。
作成した書類はそのままお店の業務マニュアルとして使用できるものですので、仕組み化された改善後の衛生管理や効率的な作業手順を無理なくいつまでも保つことができ、ムダの削減、作業効率のアップ、サービスのばらつきの改善なども見込めます。

※重要管理ポイントについては書き方のご案内はいたしますが、重要管理ポイントの作成は行いません。

※このサービスは原則として、店舗・厨房の衛生的改善作業後のお客様にご提供しています。
資料だけを作成しても、実行可能な衛生管理はできないため、資料作成のみのご依頼はいたしかねます。

作業2名×4時間の場合
一般的衛生管理作成  3回 35,000円
1回目 書類作成のヒアリング、一般的衛生管理作成
2回目 1回目の書類が現場と合うか確認、修正
3回目 2回目の修正後、完成


 

飲食店向けHACCP改善整理講座

飲食事業者・従業員向けのHACCPと、整理収納教育講座(対面・オンライン講座)

■このような方におススメ
☑何から始めればよいのかよくわからない方
☑HACCPのことが分からない飲食店の方
☑衛生管理に不安のある方
☑整理整頓の方法が知りたい方
☑従業員研修、従業員教育を考えているオーナーさま

■このような効果があります
・HACCPの衛生管理の必要性を理解できます
・従業員様がやらされ感なく、取り組むきっかけになります
・店舗の改善作業がスムーズに行えるようになります

■講座概要
・当協会オリジナルの HACCPの考え方に沿った片付け方講座手引書にて90分間従業員様向けに講座を致します。


・参加費 定価5,000円(税込)
テキスト、受講認定証、個人修了証、送料を含む
※➡団体向け割引プランをご利用いただけます
・1~5名 15,000円(税込)
・6~15名 50,000円(税込)
・16~30名 70,000円(税込)

■カリキュラム
・HACCP( ハサップ ) とは
・制度化される背景
・一般衛生管理の重要ポイント
・5S改善
・あなたの店舗の改善チェック
・清潔な店舗とお客様目線
◎講座後、認定証を発行いたします。店舗のレジ横やカウンターなどに置いていた
だき、衛生管理の意識の高いお店として対外的にアピールしていただけます。

 

 

HACCPワンポイトアドバイス

●「HACCP って何?」「具体的には何をすればいいの?」
HACCP って何なのだろう、そんな疑問をお持ちの方向けに、厚生労働省の「HACCP の考え方を取り入れた衛生管理」の指針に沿った
飲食店の「整理収納方法」をお伝えいたします。
 

●HACCP の考え方を取り入れた衛生管理とは
食中毒予防の三原則(つけない・増やさない・やっつける)を基本にした、 【計画を立てる】→【実施】→【記録】という一連の作業が、「HACCP の考え方を取り入れた衛生管理」です。 そのために、今取り組んでいる衛生管理とメニューに応じた注意点をあらかじめ明確にする必要があります。
講座では、「衛生管理」のガイドラインをご説明し、店舗ではどのような改善をしなければいけないのか、具体的な取組みを写真を交 えて分かりやすくお伝えしますので、何が間違えているのか、どのように改善すれば良いのかが理解できるようになります。
食中毒等のリスクを軽減し、安心安全な店舗としてお客様や取引先からの信頼を獲得しましょう。
 
 


 





 

 


class="so-widget-sow-editor so-widget-sow-editor-base"

>


⾷中毒を起こした場合、記録から原因の追究を早くすることができ、対策が早く⽴てられる。

また、感染者の広がりを少しでも抑えることに繋がる。


厚⽣労働省のHACCPのQ&A問15には、「定期的な⽴ち⼊り検査や、営業許可の更新等の
機会を通じて、衛⽣管理計画の内容や、実施状況等を確認し、必要な指導・助⾔等を⾏う。」

と明記されています。

ですので、「やらない」という選択肢は無い状況です。


まず、今回の制度化で、国は「認証取得」を勧めているわけではありません。

HACCPに認証取得された企業様は、コンサルタント会社にサポートいただいています。

地⽅⾃治体によるHACCPの認定制度は、取り組みやすいように各⾃治体から⼿引書が出て
いますので、ご確認ください。

■弊協会からもコンサルタントをご紹介できます。

協⼒:⾷品安全技術センター 代表 今城敏(いまなり) https://www.foodsafety.tokyo/


class="so-widget-sow-editor so-widget-sow-editor-base"

>






class="so-widget-sow-editor so-widget-sow-editor-base"

>


 
 




© Copyright ライフフィックス-整理改善サポート- All Rights Reserved. | 管理画面へ